日頃はなかなか目立ちませんが、雨樋の果たす役割は大きいです。

雨樋はこれだけの役割を果たしています。

雨が降った時に余分な雨水を地面流してくれる役割を果たすのが「雨樋」です。
雨樋が無いと多くの雨水が屋根に溜まり、屋根の状態によってはそこから雨漏りが発生します。
また、雨漏りは湿気の原因にもなりますが、雨樋がある事で雨漏りを防ぎ結果的に湿気を防ぐ事になります。
更に、外壁と建物基礎の浸食を予防してくれます。
それだけ雨樋が家にとっては無くてはならない物です。

建物基礎が腐食すると家が傾く可能性があります。

建物基礎の腐食も防いでくれます。

雨樋が果たす役割には多くの事があります。
その一つに「建物基礎腐食の防止」も挙げられます。
雨樋がない建物は雨水がそのまま建物の下に流れて、最終的に地面に染み込んでしまいます。
その後ジワジワと水が染みだして、最悪の場合は建物を支えている基礎部分が腐食してしまいます。
雨樋はこれらの腐食も防く大きな役割を果たしてくれます。

外壁が腐食すると家全体に影響します。

外壁の腐食を防止する役割

大雨などから家を守ってくれるのが雨樋。
この雨樋には、雨水を地面に流す以外にも役割があります。
その一つが「外壁腐食の防止」です。
外壁が水に濡れてしまうと、そこから浸食が始まり、そのまま放置してしまうとやがて腐食してしまいます。
それを最初の段階で防いでくれるのも雨樋の役割です。
日頃なかなか雨樋の存在を感じる事はありませんが、雨樋は重要な役割を果たしています。

湿気が溜まるとカビの原因にもなります。

雨水が引き起こす湿気も防ぎます。

雨樋が果たす役割は様々ですが、家の外壁保護以外にも役割はあります。
それは「雨水の室内侵入防止」です。一見当然の様に感じますが、雨水が室内に入り込んでくると湿気の原因になりますし、湿気が溜まってしまうとカビが発生します。
カビは呼吸器系にも悪影響がありますので、呼吸器系に不安のある方は特に注意する必要があります。
また、雨樋は地面に雨水を流してくれるので、室内が水で濡れる危険が無くなります。
これだけ雨樋は大きな役割を果たしています。

大事な家を守る重要な役割を果たす雨樋を大事に保つ事もポイントです。
当社では雨樋の修理や交換も承っております。質問や調査は無料ですので、お気軽にお問い合わせください!