日頃の清掃が雨樋を綺麗に保つポイントです。

落葉が原因で雨樋が破損する事もあります。

雨樋が壊れる理由は様々ですが、日頃の清掃や対策で雨樋を破損から予防も可能です。
その中でも、日頃から落葉やゴミを雨樋の中に溜めない事がポイントです。
それ以外では雨水を流す水路の確保・大雨や台風などから雨樋を守るための対策を取る事もポイントです。
詳しい対策方法などもお気軽に当社へご相談ください!

定期的な清掃で、面倒な雨樋破損を防ぐ事が出来ます。

落ち葉などのゴミが雨樋破損の原因にもなります。

雨樋の破損原因の一つに「ゴミの詰まり」があります。
そもそも雨樋は、溜まった雨水を地面に流して、外壁や室内に雨水を当てない役割があります。
しかし、落葉などのゴミが溜まる事で流れが悪くなり、その後水が溜まり重さによって雨樋が破損する事に繋がります。
そうならない為にも、こまめにゴミを取り除くなど日頃の定期的な清掃がポイントです。

水が流れないと重さで雨樋が破損する可能性が高くなります。

枯葉をシャットアウトし雨樋の水路を確保する

大雨などで溜まった雨水を角度をつけて地面に流して、雨漏りや木材の腐食などを防いでくれる役割を持っている雨樋。
しかし、枯葉などが溜まる事で水路が塞がってしまい、雨水が流れにくくなります。
その結果、雨樋が壊れてしまう事にもなります。
そうなると、雨樋自体を修理・交換する必要があり、費用と時間が掛かりますので、日頃からの清掃で水路を確保して手入れをしておく必要があります。

事前の対策で大事な雨樋を守る事が出来ます。

雨樋が壊れる前に対策を行いましょう。

落葉やゴミなどの詰まり・台風や大雪などの気象条件で壊れる可能性がある雨樋。
しかし、事前の予防対策をしっかり行えば、雨樋を破損から守る事が出来ます。
具体的には、台風が近づいてきたら紐などで固定する・日頃から定期的に雨樋の清掃を行うなどがあります。
少しの準備で大事な雨樋を守る事が出来ますので、掃除の時に意識しておきましょう。

雨樋は大事な家を守るために重要な物です。
雨樋の修理や交換、修理費用などは、是非とも当社にご相談ください!