雨樋が壊れるとジワジワと建物に被害をもたらします。

雨樋が壊れるとこんな怖い事が発生します!

雨樋が壊れると、家にとって良くない多くの「怖い事」が発生します。
雨樋には雨水を地面に流して雨漏りを防ぐ役割がありますが、雨樋が壊れる事で雨水が外壁に流れる事もあります。
その場合、外壁の浸食に繋がり、場合によっては建物の基礎部分の浸食にも繋がってしまいます。
更には、雨水が室内に入ってくる事で室内が水浸しになるなどの不快な思いをする事になります。
これらを防ぐためにも雨樋の修理や交換は当社にお任せください!

雨樋がないとこんな怖い事も発生します。

建物の基礎浸食も気になる事です。

建物を地面でしっかりと支えているのが基礎部分です。
しかし、雨樋が壊れてしまうと基礎部分にも影響が出てしまう事もあります。
雨樋が無いと雨水が建物の下に流れ込み、ジワジワと染み込んでしまいます。
それが蓄積されてしまうと基礎部分が腐食し、最悪の場合には建物の傾きが見られます。
家が一度傾くと改築の必要があり費用も多額になるので注意が必要です。

雨樋が壊れる事で外壁の腐食につながります。

外壁の腐食も怖い事です。

雨樋が壊れてしまう事で様々な怖い事が発生しますが、その一つが「外壁の腐食」です。
外壁が腐食する原因は、雨水が外壁に付いてしまい、そのまま放置してしまうと外壁の中に水分が染み込み、最終的に外壁が腐食してしまいます。
最悪の場合は外壁が崩れたりしますので注意が必要です。
雨樋が壊れて外壁に雨水が付いてしまった場合は、拭き取るなど対策を行いましょう。

室内に雨水が入り込むと不快な思いをします。

雨水の室内侵入も不快です。

雨樋が壊れていると、大雨や台風などで室内に雨水が入り込む事があります。
室内でなくても、体が雨に濡れると不快な思いをしてしまいます。
それが室内ともなると更に不快指数が上がります。そうなると、テレビドラマで見るバケツに雨水を溜めてしまう事になるかもしれません。
雨樋が壊れていないと室内に雨水が入り込む事も無いので雨樋の損傷にも注意が必要です。

雨漏りには早期の修理が必要不可欠です。
当社では迅速・確実に対応致します。