状況によっては火災保険が適用されて実質負担が無くなる場合もあります。

雨樋の破損状況によって費用が異なります。

雨樋を修理する時に気になるのが「修理費用」ではないでしょうか?
一般的な雨樋の修理費用は、破損した状況で異なります。
また、雨樋の修理費用も安くはありませんが、状況によっては現在加入している火災保険で修理費用を賄う事も可能な場合があります。
ちなみに、火災保険の申請は複雑でなかなか自分では行えませんが、当社では代理申請も無料で行っていますので、申請に必要な書類などお気軽にお問い合わせください!

適正な修理費用のお見積りも無料で行います。

修理費用は原因によって異なります。

雨樋の修理を行う前に気になるのが「修理費用」ではないでしょうか。
雨樋の修理費用は「原因によって費用に差が出る」事が特徴です。
一例を挙げると、雨樋の損傷やズレが原因の場合、雨樋本体と併せて設置費用なども発生します。
また、状況によっては部品が取り寄せになってしまい、作業が遅くなる可能性もあります。
当社では、作業前に無料お見積りも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

火災保険が適用されれば修理費用の負担もありません。

火災保険で雨樋修理を行う可能性もあります。

雨樋修理には現金でしか支払いが出来ないと思っている方は意外に多いです。
しかし、家事や風水害と同じ様に「火災保険が雨樋修理にも適用」されます。
雨樋修理に火災保険が適用される事を知らない方が多い理由は、保険会社が「雨樋の修理や交換にも火災保険が使える事を伝えていない」事が挙げられます。
また、自動車保険の様に保険を使うと保険料が上がる事もないので、遠慮なく給付申請しましょう。
しかし、修理費用を火災保険で賄うには一定の基準があり、また申請も複雑です。
詳しくは当社担当者へお気軽にお問い合わせください!

一般の方には難しい申請代行も承っております。

火災保険申請も当社へお任せください!

雨樋修理と火災保険の関係については別ページでご紹介しました。
実際に火災保険が適用された例は、火災保険の「風災補償」が適用された事が最も多くなっています。
この風災補償は、風や火災などが原因と判断された場合に保険金が支払われます。
しかし、経年劣化などでは火災保険の風災補償は適用されませんので、注意が必要です。
実際に雨樋修理が火災保険の適用になるかどうかなど、相談や申請は当社担当者に全てお任せください!

修理費用の見積もりも無料です。
詳しい説明と併せてお気軽にお問い合わせください!