お手入れを怠ると壊れる原因にもなります。

雨樋の故障原因はこんな事があります。

様々な大きな役割を果たしてくれる雨樋ですが、様々な原因で雨樋が壊れる時もあります。
最も多い原因としては、落ち葉などのゴミ詰まり・雨水を下に流すための傾斜が正常ではない・経年劣化により出来た継ぎ目の隙間・雨や風、雪などの影響など多くの原因があります。
当社では、これらの原因に対応した修理を行います!

長く使った雨樋は劣化していますので確認が必要です。

経年劣化や風雪も壊れる原因です。

雨漏りを始めとする雨がもたらす様々な影響を防いでくれる雨樋ですが、長く使っている雨樋は風や雪などにさらされると劣化が進み、点検や整備を怠ると最終的には壊れてしまいます。
雨樋の材質にもよりますが、雨風を多く受ける機会が多い雨樋は比較的壊れやすくなっています。
そのため、少しでも劣化が見られたら修理や交換をオススメします。

正常な傾斜を維持しておく必要があります。

傾斜角度の異常でも雨樋は壊れます。

大雨が発生すると、雨水を地面に落とす事で雨漏りなどを防いでくれる雨樋。
しかし、雨水を地面に流すためには正常な傾斜でないと意味がありません。
雨樋の傾斜が正常ではなく急激に傾いたりしていると、溜まった雨水の重さによって雨樋が壊れる可能性もあります。
そうなってしまうと修理もしくは交換になる可能性があります。
そうならないために、日頃から傾斜具合を確認し、正常な傾斜を維持する必要があります。

清掃を怠る事で壊れる事もあるので注意が必要です。

ゴミが原因で雨樋は壊れます。

雨水を地面に流す事で雨漏りを防ぐ役割を果たすのが雨樋です。
しかし、意外な事が原因で雨樋が壊れてしまう事もあります。
それは「ゴミ詰まり」です。
秋が中心になりますが、落葉が雨樋に溜まると水が流れにくくなり、大量の水が流れなくなります。
それが続くと、最悪の場合は壊れてしまいます。
ゴミが詰まる事で雨樋が壊れるとは意外な感じがしますが、日頃の清掃で防ぐ事が出来るので、定期的に雨樋の清掃を行うと安心です。

原因にあわせた修理と予防対策が必要です。
当社では様々な雨樋対策に対応しております。