状況によっては火災保険が適用されて実質負担がなくなる可能性があります。

雨漏りの修理費用は原因によって異なります。

雨漏りを修理する時に気になるのが「修理費用」です。
通常の修理費用は雨漏りの原因により金額が異なります。
また、状況によっては現在加入している火災保険で修理費用を賄う事も可能です。
また、申請が複雑な火災保険の申請も当社がお客様に代わって代理で申請を行います。
申請方法などお気軽にお問い合わせください!

適正な修理費用のお見積りも無料で行います。

修理費用は原因によって異なります。

緊急性を要する雨漏り修理を行う時に気になるのが「修理費用」です。
気になる修理費用は、雨漏りの原因によって異なります。
一例を挙げれば、屋根瓦の損傷やズレが原因の場合、屋根瓦本体と瓦を取り付ける費用も発生します。
また、棟板金など部材の劣化や損傷の場合、部材本体と設置する作業費なども発生します。
それ以外では、コーキング剤の漏れなどでは、新たにコーキング剤を塗る必要があるので、材料費と作業費も発生します。
当社では作業前に無料お見積りも承っております。
お気軽にお問い合わせください!

火災保険が適用されれば負担する必要がありません。

火災保険を雨漏り修理で申請する事も出来ます。

雨漏り修理をする時の支払いは、まだまだ現金でしか支払いが出来ないと思っている方は多くいます。
しかし、家事や風水害と同じ様に「火災保険が雨漏りにも適用」されます。
知らない方が多い理由は、保険会社が「雨漏りにも火災保険が使える事を伝えていない」事が挙げられます。
また、火災保険は自動車保険のように保険を使うと保険料が上がる事もありませんので、火災保険に加入している時は遠慮なく申請しましょう。
しかし、実質負担なしで雨漏り修理を行うには一定の基準がありますので、詳しくは当社担当者へお気軽にお問い合わせください!

難しい火災保険申請代行も承っております。

火災保険申請も当社へお任せください!

火災保険が雨漏り修理にも使える可能性がある事は別ページでご紹介しました。
実際に火災保険が適用された例は、火災保険の「風災補償」が適用された事が最も多くなっています。
風災補償が適用されると、風や火災などが原因で発生した雨漏りと判断された場合に保険金が支払われます。
しかし、経年劣化などでは火災保険の風災補償は適用されません。
実際に雨漏りが火災保険の適用になるかどうかも含めて、申請は当社が代行していますのでお任せください!

火災保険申請は、一般の方には難しいポイントがいくつもあります。
プロの私達に任せてください。