雨漏りは経年劣化やヒビ割れが大きく完成してきます。

雨漏りはこんな要因で発生します!

雨漏りは、原因の調査と修繕を確実に行わないとずっと続いてしまいます。
雨漏りが発生する原因は、大きく分けると「施工不良」「板金や漆喰などの剥がれやヒビ」「経年劣化」です。
それぞれについては別ページにでご紹介してありますので、お客様の状況がこれらに該当するかどうかもご覧ください。
ちなみに、当社では雨漏りの原因調査は無料で行っておりますので、雨漏りでお悩みの方は至急ご連絡ください!

経年劣化が引き起こす雨漏り原因も様々です。

その他の雨漏りの原因とは?

雨漏りが発生してしまう原因には、これまでご紹介した原因以外にもあります。
屋根や天井には様々な建築用資材が使われており、これらの資材は完成から時間が経過してしまうと劣化が発生します。
具体的には、漆喰崩れやヒビ割れ・屋根を雨漏りから防ぐ瓦のヒビ割れ・接着や劣化を防ぐコーキング剤の剥がれなど多くの原因があります。
当社はこれらの原因にも対応可能な施工業者で、これまでの施工実績が物語る様に多くのお客様からご支持を頂いています。
お気軽にお問い合わせください!

少しの隙間でも雨水は室内へと流れてしまいます。

棟板金の剥がれや浮きも原因の一つ

雨漏りは天井に穴が開いた事以外でも発生します。
具体的には、屋根や天井に使われる部品(棟板金など)が、老朽化や強風などの原因で剥がれたり浮いたりする事で発生します。
これらの棟板金の修復や交換は、専門業者に依頼する事で部品の取り寄せ・施工が可能です。
当社では、これらの棟板金の剥がれや浮きの予防・雨漏りが発生した場合の適格な施工を行います。
施工に必要な費用や時間などお気軽にお問い合わせください!

しっかりとした施工業者を選ぶ必要があります。

不十分な施工は雨漏りの原因

大雨や台風などが原因で発生する「雨漏り」。
一般的には、雨漏りに限らず屋根の修理は専門業者が行いますが、その作業が不十分だと雨漏りの原因にもなります。
施工不良の事例は、穴が開いた時の修復が不十分・水漏れ予防の施工が不十分などが挙げられます。
当社では、施工前にお客様に分かりやすい説明を徹底しており、施工後の報告も確実に行います。
原因調査は無料ですので、調査も安心してお任せください!

雨漏り解消は、ハッキリした原因解明・早めの対策が最も確実で近道です。
当社では無料で雨漏りの原因調査・お見積りを行っております!